本屋さんで発見→SDGSコーナー

スタッフブログ

先日、香川県では有名な“宮脇書店”の本店(丸亀町)に行ったところ、2階の一角がSDGs関連書籍のコーナーになっていました。

2年ほど前はSDGs関連の書籍はほとんどなく、Amazonでさえも日本語の本は1~2冊程度しか売られていなかったのに、今ではコーナーができるほど“大きな流れ”が来ています。

単純な“ビジネス書”や“国際貢献”の類ではないことがポイントですね。色々な切り口で本が書かれだしたことにワクワクします。

もし「SDGsってなに?」と感じられた方は、宮脇書店に行ってみると、すぐに答えが出るかもしれません。

香川ブロック協議会 副会長
谷口雄紀

関連記事一覧