【紹介ブース】SDGs取組企業一覧

SDGsの目標に対してどのような行動が必要なのか香川県でSDGsに取り組む企業を元に学びます。
日本を担う若者が社会を変革していく必要があり、考える力を刺激し、自由なひらめきを生むSDGsを理解する機会を創出します。

四国環境パートナーシップオフィス(四国EPO)

四国環境パートナーシップオフィス(四国EPO)

事業所名/四国環境パートナーシップオフィス(四国EPO)
業種/中間支援組織、情報サ-ビス業
職務内容/情報発信、相談対応、マッチング、コーディネート

四国環境パートナーシップオフィス(四国EPO)様について

四国EPOは環境教育等促進法に基づく拠点として、環境省が全国8か所に設置している中の一つであり、2007年に香川県高松市に開所、現在は各県(徳島・愛媛・高知)にサテライトデスクを設置しています。受託運営は特定非営利活動法人えひめグローバルネットワークが行っています。
地域の環境保全や課題解決のためには、行政機関や企業、自治体、市民等、さまざまな立場の方が主体的に参画、協力することが重要です。取組を行う皆さんが参考になる情報や事例の発信、相談対応、勉強会や意見交換会などの機会づくりを行います。団体・組織や情報、活動をつなげ、持続可能な展開につながるような伴走支援を行っています。

取り組んでいるSDGsGOAL:4、7、11、12、13、14、15、17

取り組みの内容として

【情報発信】イベント、助成金、活動事例(先進、優良事例)などをHP、メルマガ、Facebookなどで配信
【環境教育サポート】講師派遣(外部講師、出前講座)や環境関連施設、教材、図書などの資料や情報を設置
【意見交換・情報交換の場づくり】多様なテーマについて、いろいろな人が集まり、情報や意見交換できる場づくりを行っています。四国でつながる、さまざまな主体でつながる。つながることで課題解決が可能になることもあります。
【相談・コーディネート】環境やSDGs、ESDに関する相談や「人・団体・資料」などマッチングについての相談をお受けします。

SDGsを通して

SDGsができたことで、それぞれの活動がSDGsの中で位置づけられるようになり、「みんなで達成を目指す目標」として、みなさんの共通言語になってきたように感じています。
SDGsに取り組む際には、それぞれの立場で「2030年にどうありたいか」のビジョンを考えることが一歩になります。そこから、各自ができることを行うことで、それぞれの地域や世界の持続可能性につながるという点でみなさんが参画することはとても重要です。
地域でSDGs達成に向け、取組を行っている方はたくさんいます。SDGsについての相談対応や情報提供を行っているので、お気軽にお問合せください。

ご協力賜りました四国環境パートナーシップオフィス(四国EPO)様に心より感謝申し上げます。