【紹介ブース】SDGs取組企業一覧

SDGsの目標に対してどのような行動が必要なのか香川県でSDGsに取り組む企業を元に学びます。
日本を担う若者が社会を変革していく必要があり、考える力を刺激し、自由なひらめきを生むSDGsを理解する機会を創出します。

株式会社富士クリーン

株式会社富士クリーン

法人名/株式会社富士クリーン
業種/サービス
職務内容/一般廃棄物処理ならびに産業廃棄物の適正処理、燃料化リサイクル、再生エネルギー

株式会社富士クリーン様について

環境保全、環境改善が強く求められている昨今の世界動向をいち早く事業として取り入れ、廃棄される(捨てられる物)から再生エネルギーを取り出し、化石燃料の使用を最大限抑えたシステムを活用し、廃棄物の適正管理・処理を行っている。また、水資源の大切さと地域の環境を壊さない、自社ならではのクローズドシステムを採用し、自社の事業活動で排出される排水はすべてリサイクルし自社の水資源として再利用している。これまでの廃棄物は捨てるだけの邪魔ものという概念から、廃棄物は新しい社会のエネルギーへをコンセプトに、地域の環境保全、豊かな瀬戸内の自然を世界にアピールする日本で初めての再生エネルギー事業を展開している。そうした、先進的な取り組みを世界の環境団体、各国の政府が施設見学にくるグローバル企業である。

取り組んでいるSDGsGOAL:3、4、5、6、7、8、9、11、12、13、14、15、17
取り組んでいるSDGsターゲット:3.6、3.9、4.1、4.4、4.5、5.5、6.3、7.2、8.5、9.4、11.6、12.4、12.5、12.8、13.1、14.1、15.2、17.16、17.17

取り組みの内容として

①2020年までに、関連事業、共同作業において、道路交通事故、作業事故による事故件数を50%削減
②2030年までに、弊社ならびに関連企業の事業活動から排出される有害物質を50%半減させる(二酸化炭素など)
③2030年までに弊社の事業活動を通じて、子ども、障がい者、ジェンダーに配慮した教育施設を構築し、すべての人々に安全で非暴力的かつ、効果的な学習環境を提供する
④2030年までに、集水、海水淡水化、水の効率的利用、排水処理、リサイクルを進め、水の衛星分野において国際協力と能力構築支援を進める
⑤水資源化に伴う活動を通じて、地域の方々の参加型運動や活動を通じて、ボランティアを推進していく
⑥2030年までに、更に再生エネルギー事業を拡大しする
⑦2030年までにすべての雇用における平等な昇給システムの構築を確立し、同一労働同一賃金を達成する
⑧環境インフラ、環境ビジネスを通じて得た経験と知識を開発途上の地域へ提供し、イノベーションを進める
⑨都市一人当たりの環境上の悪影響を軽減し、自社の環境教育や環境コンサルビジネスを通じて、新しいエコタウンの創造を進めていく
⑩排出業社や排出者の方と協力し、その地域に合った環境保全の在り方を追求する
⑪2020年までに自社BCPを運営レベルまで引き上げ、気候変動に対応し、社員ならびに地域の方を守る施設づくりをすすめる
⑫森林の間伐ボランティアにより、森を再生し豊かな森とは何かを地域の行政、教育者、地域住民一緒になって進める
⑬地域の河川や瀬戸内の水質、生物多様性を復活させ、あるべき環境の姿を実現させる
⑭自社だけでなく、他社、他団体と積極的に協同し、パートナーとしての企業の価値を高め、地域社会へ最大限協力する

SDGsを通して

働く事の意味、企業の存在について社員と共有することが一番の目的です。企業は利益を残すことも大切ですが、人からあってよかったと思っていただける人道的な感情によるサポートがなければ、企業価値はありません。企業は一人一人の集まる場所です。人間の生きる時間の大半は仕事場です。そうした大切な場所でなければならないと思います。社員が楽しく、ワクワクしなければならない。会社の為に、仲間の為にと思う人材へと共に成長する場所だと思います。SDGsはそれを共有するコミュニケーションツールです。

ご協力賜りました株式会社富士クリーン様に心より感謝申し上げます。